FC2ブログ

記事一覧

早期リタイアしたって、きつい時はある! ~ 我が家を襲っている惨禍

アーリーリタイアしたって、もちろん毎日が楽しく、優雅なわけではない。
どんな人生にだって雨の日はある。
ここ数日は大変な思いで過ごしている。


TAKEBE_ohnoyacchimattta_TP_V.jpg


感染性胃腸炎が地域で流行している。
我が家では最初に小学校3年生の次男、ついで看病している妻、最後に1年生の三男にうつった。
まさに、ドミノ倒しの様相だ。
無傷で免れたのは、僕と長男だけ。
これは、寝室を別にしていることが大きいのだろう。

三男のクラスは十数人が欠席し、学級閉鎖になった。
この季節にこれだけの流行は、珍しい。

子供のいる人にはわかると思うが、胃腸の風邪はとにかく大変だ。
食べられないのはもちろん、水やお茶さえですらすぐ吐き下すと、脱水症状が気になる。
腹痛も、吐くのもつらそうで、見ていて痛々しい。

下(しも)のほうはオムツでなんとかなるが、吐くほうの管理は難しい。
うまくトイレまでもってくれればいいが、ベッドの横においた洗面器さえ使えず、そのままシーツに吐いてしまうことも多い。
こういうときは、最低ふたりの介護者がほしい。
寝具を洗い、交換する者がひとり。
吐しゃ物まみれになった子供の服を、汚染が広がらないように注意しながら脱がせ、シャワーを浴びさせてやる係がひとり。
ひとりしかいなければ、後者を優先するしかないが、そうすれば、例えば布団の汚れはより深くまで染み込むし、他の子供たちにも染りやすくなる。

我が家の場合は、寝室の片づけを妻がしている間、僕が子供を連れて浴室へ行き、シャワーやうがいを手伝った後、清潔なパジャマに着替えさせ、妻が寝室の清掃を終えるのを待つ。
妻を手伝うに行くのも手だが、子供がいつまた吐くかわからないから、洗面器片手に付き添っているほうが安全だ。

先週末からはじまった一連のドミノ倒しだが、一昨日から妻が、昨日から次男が復活した。
あとは三男がひと頑張りしてくれれば、ゴールデンウィークは無事に迎えられそうだと期待しているが、まだまだ予断は許さない。

それにしても、こういう時はつくづく、アーリーリタイアしていてよかった、ということになる。
開業医時代は、とにかく休むことができなかったので、子供たちが吐きちらしていて、かつ妻の体調が悪くても、とにかくがんばれと言って出勤するしかなかった。
(当時、僕らの両親は離れた土地に住んでいて、助けは期待できなかった)
そしてもちろん僕自身も同様で、どれだけ体調が悪くても、それこそ高熱だろうが吐き下していようが、診療にあたらざるをえない。
たとえ忙しくても、いざという時は休みがとれる職業がうらやましかった。

僕がアーリーリタイアしたのは、自著でも、そしてこのブログでも再三書いてきた通り、仕事が嫌になったからではない。
自分がやりたいこと、そして自分の人生の残された期間を考え合わせると、仕事に割く時間を大幅に減らさないことには、死の淵に立った時に大きな後悔を残すだろうと考えたからだ。
だが、このような仕事からの重圧が、リタイアへと僕の背を押した一面があることも、完全には否定できない。


誰だって、時には体調を崩す。
そのことを踏まえた場合、社会はどういう形であるべきだろう?
① 大家族で、助け合いが容易な社会?
② 個々人のがんばりによって乗り切ってもらうことにして、経済的発展を優先させる社会?
③ 本人、あるいは家族の具合が悪い時は、気兼ねなく仕事を休める社会?

現状は①から②へ移行した段階にある。
もちろん国によって状況は異なるが、ベクトルとしては、そうだ。
世界はこのまま②でとどまるのか?
もっと苛酷になるのか?
それとも、多少効率を落としてでも、③へと向かうのか?
あるいは、違う解決策があるのか?
そんなことは僕にはわからない。

近年、世界は経済的豊かさに重きをおいて、代替案をもたないまま、それまでの生活を成り立たせてきた多くの習慣を捨て去ろうとしている。
こんなドラスティックな変化は、かつてなかったはずだ。
僕らは壮大な歴史的実験の真っ只中にいるのだ。
世界はどんな方向へ向かおうとしているのだろう?
そして、ひとりの人間として、僕らはどのようにそれに対処することが適切なのか?

妻と共に子供たちを看病することができる、今の我が身の幸せを噛みしめながら、そんなことを考えている。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで10位以内に留まれています。
無名の僕が、本書の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログです。
そのためには、引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村






絶賛発売中!


投資こじらせ主婦さんから、当ブログ記事に対するうれしいコメントをいただいた。
お互いにコメント欄を閉じている者同士なので(笑)、ここで紹介の上、御礼申し上げたい。


ローカル情報
新潟市書店での在庫状況
自著を快く置いてくださっている書店。
考古堂書店
西村書店



お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

自著 ”幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ” の内容に興味のある方。
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

僕をアーリーリタイアに導いた知見に興味のある方。
地位財と非地位財、あなたを幸せにしてくれるのは・・・ アーリーリタイアを決意させた知見 その2 
収入と資産との相関関係についても、チェックしてみよう! アーリーリタイアを決意させた知見 その4
そもそも自己実現って何なの?~ユングの言葉 アーリーリタイアを決意させた知見 その8

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9

インデックス投資に興味のある方。
amazonでのカスタマーレビューについて、語ってみる。さらに、蛮勇をふるって、山崎元氏の名著を批判・・・



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア