FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リタイア後は暇でしょうがない!? 毎日、何をしているのかとよく聞かれるのだが・・・

特に言いふらす必要のあることでもないので、アーリーリタイアしたことは、あまり人に言わないでいた。
ところが自著を上梓してからは、そのことが周知のこととなってしまい、最近は、会う人会う人に、
「いったい毎日何をしているのか?」
と聞かれるようになった。
さぞかし暇だと思われているのだろう。

さて、毎日僕は何をしているのか?

最近だと、このブログにはかなり真剣に向き合っている。
思いついたことを書いて、数日後、推敲してからアップする。
そうひどいものでなければ記事として上げるが、あまりにも・・・というものはボツにしてしまう。
だから、ネタ集めまで含めると、毎日2時間くらいはかけていると思う。
毎日文章を書く習慣は、いろいろな意味で、悪くない。

妻の家事はそれなりに手伝う。
窓拭き、風呂掃除は完全に僕の仕事だ。
その他、皿洗いは僕がやったり、妻がやったり。
その時手が空いている方がやる雰囲気になっている。
多くの亭主よりは家事を手伝っているつもりだが、それでも僕よりは妻の方が大分忙しそうなので、やましいような気分が抜けない。

子供ともかなりの時間を過ごす。
勉強をみて、遊び、一緒に風呂に入る。
これは平和でいい。
現役時代は、無心になって子供たちと遊ぶことが、中々できなかった。
明日の仕事のこと、やりたいのに時間がとれない自分の趣味のことなどが、どうしても脳裏に浮かぶ。
となると、子供と過ごすのは、楽しみではなくロスタイム、場合によっては苦行になってしまう。
子供と一緒にいる時間を楽しめるようになったことが、アーリーリタイアによる最大のメリットのひとつであることは、どうやら間違いなさそうだ。

本はぽつぽつ、読んでいる。
図書館で借りたり、所有している本を読み返したり。
狭い書斎だが、それでも2000冊近い本を持っている。
リタイアを機に少しずつ整理しているのだが、そのためには読み返して、売るべきか持ち続けるべきか、判断する必要がある。
1日に数冊斜め読みしても、1年以上かかる計算だ。
新しい本を買う余地など、ほとんど出てこない(それに正直に言うと、特に読みたくなるような新刊もほとんどない)。

健康のために、水泳、ジョギング、ヨガをやっている。
週に5日くらいは、そのうちのどれかに取り組む。
何をするかは、スケジュール管理などはせずに、その時の気分次第。
やりたい運動を、やりたい分量だけ行うのが、健康には一番いいように思える。


7d088978daf2d90aec096d1b54d7a875_s.jpg


相変わらず、ちょくちょく飲みには出ている。
ただ、これまた変わらず、友人の数は少ないので、あまり約束はない。
だから、家族との夕食後、気が向くとひとりで出かけたりする。
近所のバーで、2~3杯も飲めば、リフレッシュには十分だ。
そういう飲み方に慣れているから、出版に伴う宴席が続くと、もちろん楽しくはあるのだが、心身ともに妙な具合に疲れてくる。
最近はそれが、少し落ち着いてきた感じだ。

テレビはあまり見ないが、このところ「SUITS/スーツ」というアメリカの司法物のドラマが気に入っていて、飲みに出たり、本を読んだりする気分にならない夜には、それを見る。
英語のドラマは、英語の勉強という側面もなくはないので、日本のバラエティを見るよりは娯楽として能動的だ。
たまには、悪くない。
余暇の過ごし方として、能動的なもののほうが幸福度が高いことは、自著の中でも詳述している。

夜は10時に寝て、6時に起きる。
その他、20分ほどの短い昼寝をとる。
併せると8時間半だから、若干寝過ぎの感もあるが、気持ちがいいので、今のところ減らす気はない。
ちなみに睡眠時間は、現役時代もこのくらいとっていた。
だから日中眠くて困るということは、年に一度もない。
日々を快適に過ごせている。


というわけで、例え仕事をしていなくても、それなりに忙しく、充実した日々を過ごしていると思う。
暇で困るなどとは思ったことがない。
逆に、1年前まで、フルタイムで仕事をしながら、どうやって時間の折り合いをつけていたのだろう、と不思議なくらいだ。
フルタイムで働きながら、十分な時間を趣味にあて、家族・友人と過ごし、かつ、健康的に日々を送れる人もいるだろう。
そういう人は、もちろんそれでいい。
ただ僕個人に限って言えば、やはりアーリーリタイアするしかなかったようだ。

ここまで書いたところで、洗面所から三男が呼ぶ声がした。
歯磨きの、仕上げ磨きをしてくれということらしい。
というわけで、今日はこれにて失礼。
現役時代は面倒だったこの仕上げ磨きも、今では子供とのよきコミュニケーションのひとつとして楽しめてるのだから、「気の持ちよう」の、なんと大きいことか。

先々のことはわからないが、とりあえず今のところは、アーリーリタイア万歳! のようだ。





本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで10位以内に留まれています。
無名の僕が、本書の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログです。
そのためには、引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


絶賛発売中!



ローカル情報
新潟市書店での在庫状況
自著を快く置いてくださっている書店。
考古堂書店
西村書店




お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

自著 ”幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ” の内容に興味のある方。
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

僕をアーリーリタイアに導いた知見に興味のある方。
地位財と非地位財、あなたを幸せにしてくれるのは・・・ アーリーリタイアを決意させた知見 その2 
収入と資産との相関関係についても、チェックしてみよう! アーリーリタイアを決意させた知見 その4
そもそも自己実現って何なの?~ユングの言葉 アーリーリタイアを決意させた知見 その8

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9

インデックス投資に興味のある方。
amazonでのカスタマーレビューについて、語ってみる。さらに、蛮勇をふるって、山崎元氏の名著を批判・・・



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。