FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻の野球拳疑惑が浮上! 次男と呑気になぞなぞを楽しんでいたら・・・

「ねえ、なぞなぞの問題、出していい?」
小学校3年生の次男が、そう声をかけてきた。
そうか、もうなぞなぞをおもしろがる年になったか、長男にもこんな頃があったな、と成長をうれしく思いながら、
「もちろん、いいよ。出してみなさい」
と答えた。
「じゃあ、まずは簡単なやつね。ワニ足すワニは、なあんだ?」
ワニ足すワニ? なんのことだかさっぱり分からない。
問題を聞く前は、
(息子の出すなぞなぞなどちょろいもの。でもあんまりあっさりと答えるのも悪いので、少しは考えるふりをしてやらなきゃな)
などと内心で思っていたのだが、どうやらそう簡単にはいかなそうだ。
息子のなぞなぞのレベルが高いのか、それとも僕の脳みそが劣化してきているのか? 
ううむ、難しい ・・・。
「ワニ足すワニ ・・・ ワニが二匹、じゃないよねえ」
自信なく答える私を、息子はあきれたような顔で見ながら言う。
「簡単なんだけどなあ。答えはワシ。2足す2は4、つまりシでしょ」
なるほど、そういう風に考えるのか!
「ようし、勝手はわかったぞ。じゃあ次の問題にいこう」
と思わず力が入る。

「次はさっきのより少し難しいよ。1文字だと赤いのに、2文字だと白いものってなあんだ?」
ううむ、これまた皆目見当がつかない。
「答えは、『ち』。血は赤いし、ちち(乳)、つまり牛乳は白いでしょ」
なるほど。よく考えるものだなあ。

「それじゃあ、次ね。本当は結構重いのに、逆立ちすると軽くなるもの、なあんだ?」
ん? これは分かりそうな気がするぞ。きっと逆さにするとなにか軽いものになるんだよな。軽い物 ・・・ たとえば ・・・ 綿!
「答えは、タワー!」
自信満々で答える僕に対し、
「タワーって、何?」
と首をひねる次男。
「タワーっていうのは、高い建物のこと。もちろん重いけど、逆さから読むと、ワタ。綿は軽いだろ」
「う~ん、間違いとはいえないんだろうけど」
息子は申し訳なさそうに口ごもる。「でも、わかりにくいよねえ。こっちの答えは、イルカ。逆さにすると、軽い、になるでしょ」
なるほど、確かにそっちの答えの方がスマートだ。
でも、イルカよりタワーの方が重いんだけどな ・・・ だめ?

「じゃあ、最後の問題。ビルの上で作業をしている人は、何県にいるでしょう?」
ここまで全問不正解の私。さすがに、これに答えられなければ父親の沽券に関わってくる。
高い県? ビルと関係がある県? 全然浮かばないぞ。
北から順番に県名を考えれば分かるかな? 青森県、岩手県、秋田県 ・・・ いや、まてよ、難しく考えすぎてないか?
そういう問題ではないような・・・。
突然、答えがひらめいた。
「分かった、答えはき県 (危険)!」
「正解!」
僕のようやくの正答に、次男もうれしそうな様子。
ふうう、危ない危ない。最後だけでも当てられてよかった。

正解を出して余裕がでた私は、そのレベルの問題なら簡単に作れそうだと考えて、なかば冗談で、今度はこちらから問題を出してみた。
「じゃあ、みんながグーとかチョキとか言っているのは何県?」
答えはもちろん、ジャンケン。さっきの問題をちょっと変えただけだから、簡単だろうと思ったのだが、腕を組んで考え込む次男。
「ええっ? グーとかチョキとか?」

なるほど、出す問題がよくできているので、次男のなぞなぞレベルはそれなりに高いものと誤解していたが、考えてみれば問題は友人や本から仕入れてきただけのこと。
なぞなぞを解く力の方はまだまだのようだ。
中々答えが分からない様子の次男をからかうように見ていると、かたわらで家事をしていた妻が、「分かった! はい!」 と勢いよく手を上げた。
こんな子供だましの問題に、何を大人げない、とは思ったが、手を上げる様子がなんとも一生懸命、かつ楽しそうだったので、答えさせてあげることにした。
「はい、じゃあ、母さん」
そう指名すると、妻は自信満々の様子で、
「答えは、野球拳!」

なぜ、野球拳!?
「間違いじゃないけど、答えはジャンケンのつもりだったんだけど ・・・」
そう控えめに告げると、自らの失態にようやく気づいたのか、顔を赤らめる妻。
その後、 「野球拳って何?」 としつこく聞いてくる次男への説明に、かなり苦労しているようだった。

それにしても妻には、まだまだ私の知らない過去があるような気がしてならない・・・。
(現在進行形だったりして!?)


アーリーリタイアしたから、時間はたっぷりある。
このなぞなぞ遊び、しばらくは次男との日課にしようかな?





本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングで10位以内に留まれています。
無名の僕が、本書の存在を知ってもらう唯一の手段がこのブログです。
そのためには、引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





絶賛発売中!


IMG_1999a.jpg

飛ぶ次男。
いろいろ試したのだが、どうしても縦にできず。



お勧めの記事。もし興味があれば、ご一読を。

自著 ”幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ” の内容に興味のある方。
僕が書いた本「幸せの確率」の内容

書評
アゴラ 言論プラットフォーム
新潟日報

自著を紹介してくれているブログ(実社会での友人によるものを除く)
FXで1億稼いでアーリーリタイア
いろいろ投資でアーリーリタイア~長期積立分散投資で来年仕事辞めちゃいます~

自分の企画を出版化することに興味のある方。
出版社への原稿の売り込み4

すでに原稿があって、商業出版に興味のある方。
出版社への原稿の売り込み9

インデックス投資に興味のある方。
amazonでのカスタマーレビューについて、語ってみる。さらに、蛮勇をふるって、山崎元氏の名著を批判・・・



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

 奥様が北斗神拳の使い手よりは野球拳の方が平和だと思います。

Re: No title

明後日の飲み会、女子も呼んで北斗野球拳なんてどうでしょう?
秘孔を突かれたら一枚ずつ脱ぐの!
だめか(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。