FC2ブログ

記事一覧

デルマ~皮膚科の男たち なんてドラマがあったら流行るだろうか?

先日、医療業界とは関係がないはずの友人が、ギネという言葉を使ったので、ちょっとびっくり。
ギネというのは業界用語で、産婦人科のこと。
なんで友人がそんな言葉を知っているのか聞いたところ、昔、「ギネ~産婦人科の女たち」 というテレビ・ドラマが流行ったのだとか。へええ。

番組を見た方はご存知だろうが、ギネというのはGynaekologie、ドイツ語の 「婦人科学」 を略したものだ。
医療従事者同士では、厳密に「婦人科学」というよりも、「産婦人科」 の意味でよく使われる。
業界外の人が使うのを聞くと少し違和感があるが、考えてみれば、すし屋では客の方が、本来は店側の隠語であった 「おあいそ」 や 「あがり」 なんて言葉を普通に使う昨今。
ギネという言葉が一般化されても、別段不思議ではない。
ちなみに泌尿器科はウロ、耳鼻科はオト、精神科はプシ、とか、プシコと略す。
もちろん日本だけで通用する略語で、アメリカはもちろん、本場ドイツでも通じない。

とかく我々日本人は略語が好きだ。
なおかつ世界標準と違う略語を独自につくる傾向があり、以前から興味深く思っていた。
例えばテレビ。これはテレビジョンの略だが、テレビジョンを英語で書くとTelevisionで、遠くを(Tele)見る(Vision)というのが語源。
言葉の意味を考えると、テレビ、と「ビ」のところで切るのは、ちょっと不自然だ。
ご存知の通り、アメリカではティーヴィー (TV) と略すのが一般的で、テレビでは通じない。
ちなみにイギリスではティーヴィー以外に、テリーという略語 (というより愛称?) もよく使われる。
 
ハンバーガー・チェーン、マクドナルドにいたっては、関東ではマック、関西ではマクド、と違う略語が使われており、実におもしろい。
関東文化圏にある新潟では、マックの方が一般的。
テレビジョンをテレビと略すリズム感でいけば、マクドナルドはマクドが自然に思えるが、マクドナルドの語源はMcDonaldという名字で、ドナルド(Donald)の子孫(Mc)というところからきているので、これは関東流のマックの方に軍配をあげたいところ。
とは言っても、マックもマクドも、やはり日本独自の略語。
どうせ本場アメリカでは通じないので、どちらでもいいという考え方もあるだろう。

ちなみに僕が医師だった頃に専門だった皮膚科はドイツ語でDelmatologie。
医療業界ではデルマと呼ばれる。
つまり僕、内山は、冒頭で挙げたテレビドラマのネーミングで言えば、「デルマ~皮膚科の男」 であったわけだ。
う~ん、これはなんともしまらない・・・。
ドラマや映画にはなりそうもないなあ。

ならばここは一つ日本人らしく、自己流に呼び名を短縮してはどうだろう?
皮膚科医、つまりデルマトローゲ内山直を大胆に略して、その名も内山デルマ!

最近、再ブレークしている青山テルマみたいで、ちょっと格好いい ・・・ わけないか。




本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングにて、上位に留まることができています。
無名の僕が、本書の存在を知ってもらう唯一の手段が、このブログであり、ランキングです。
そのためには、引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、応援のひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


絶賛発売中!




2017031908080000.jpg
僕は大のカプチーノ好き。
家でうまいカプチーノが飲めるとは、いい時代になったものだ。
スポンサーサイト



コメント

No title

 不動産投資家間での会話ではCFといえば設備の話なら「クッションフロアー」、家賃の話なら「キャッシュフロー」
(笑)

Re: No title

CFで2種類・・・。

個人的に一番ひどいと思うのは、「コン」でして、
パソコン→パーソナル・コンピューター。ミスコン→ミス・コンテスト。マザコン→マザー・コンプレックスの略だから、ブラコン→ブラザー・コンプレックス? と思いきや、ブラック・コンテンポラリーの意味で使うこともあるので要注意。
さすがにバブルガム・ブラザーズのブラザー・コーンをブラコンと呼ぶ人はいないだろうが。
イトコン・・・ 糸こんにゃく(笑)。
じゃあシャブコンはしゃぶしゃぶ用こんにゃくかというとちょっと違って、水で「シャブシャブに」薄めた欠陥コンクリートのこと。
マンションといえばゼネコンだが、これはゼネラル・コンストラクター(総合建設会社)が正解。
(僕はゼネラル・カンパニーの略と思いこんでおり、恥をかいたことがある)
カンパニーを語源とするのは合コンのコンの方で、英語のCompanyやドイツ語のKompanieからコンパという和製語ができ、それが合同コンパ→合コンとなったそうだ。

その他、リモコン、エアコン、ネオコン、リボコン、スポコン、これらも全部、違う「コン」からきているので、興味のある方は、それぞれが何の略だか、考えてみてください(そんな暇な人はいないでしょうが)。

いくらなんでも略語、ちょっと多すぎですよね、フリーター大家さん!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア