FC2ブログ

記事一覧

お金持ちの生活は、実はとても質素 ~ ベストセラー“となりの億万長者”から学ぶ 3

2回にわたって「となりの億万長者(早川書房)」で書かれている、子供に対する接し方について書いてきた。
もちろん、僕が意図的にその部分を切り取ってまとめただけで、この本は、育児本・教育本ではない。
様々なデータをもとに、「金持ちとはどんな人たちなのか」を浮き彫りにする目的で書かれている。
最後に、この本のメインテーマに触れたい。


結論は、「金持ちは意外と質素なくらしをしている」というものだ。
逆に言えば、だからこそお金が貯まる。

「いやいや、自分の周りのお金持ちは、みな優雅な暮らしをしているよ」
と異論を唱える人もいるかもしれない。
しかし、あなたはその人の資産額を知らないはずだ。
豪邸に住み、高級車を所有しているような人は、意外と資産がない、つまり、金持ちではないことが多いのだ。
もちろん、豪遊しながら、資産額も多い人がいないわけではない。
ただ、そういった「桁違い」の金持ちは例外中の例外と考えていいだろう。


最近、出した本の影響で、投資家に会う機会が多かった。
彼らは一様に、出費に敏感だ。
決してせこいわけではない。一緒に飲み食いした時の金払いはいい。
ただ、高級な服は着ていない。
高級住宅地ではなく、郊外の小さな家に住んでいる。
何が真の資産かを理解し、「一見すると資産のようにみえてしまう負債」と混同しないだけの経済リテラシーをもっていれば、大体はそういう選択になるはずだ。

当ブログの常連コメンテーター『フリーター大家』さんは、先日一緒に飲んだ時、家には帰らず、繁華街の安宿に泊まっていた。
自宅から繁華街まではバスの便がよくないし、タクシーで往復するくらいなら、車で来て泊った方が安上がりだというのだ。
「寝るだけなので、いい宿をとる必要なんかない」
と言って笑う。

先日一緒に飲んだ、やはりブログ友達の『そうた』さんなど、FXで億の金を稼いでいるのにもかかわらず、飲みに来る時は車で来て、そのまま朝まで車で寝てしまう。
タクシーで帰ったり、ホテルをとったりはしない。
それで十分快適なので、さらに余分な出費をしようとは思わないのだそうだ。


僕は自著の中で、医師を「蓄財の劣等生」と呼んでいる。
独断ではない。実際に、アメリカで行われた調査で、そのような結果が出ているのだ。
ほとんどの医師は、収入が増えても、その分を使ってしまう。
一部を将来のために運用しよう、という意識が希薄だ。
たとえ運用しようと考えても、ろくに勉強もせず、証券会社や銀行におだてられるがままに、不利な商品(つまり、売り手が儲かる商品)に手を出してしまう。
(実際は、金持ちほど投資に時間をかけることがわかっている)
高級住宅地に、豪邸を建ててしまう。
(高級住宅地に住むだけで、見栄支出が増えていくことになる)
そして、高級車を買う。
(逆に億万長者が車に使う額は、平均すると資産の1%以下とされている)

医者はみな金持ちで、アーリーリタイアしないのは、仕事が生きがいだからだと勘違いしている人が、世間には多いのに驚く。
仕事が生きがいかどうかは、本人にしか本当のところはわからないので、僕が口を出すことはないが、仕事をしなくてもいいだけの資産を築く医者など、ごく少数であることは、自著で詳述した通りだ。
蓄財に関しては、フリーター大家さんやそうたさんのほうが、はるかに上手だと認めざるをえない。


0ee6bb4d377abecba75304c9704a37a2_s.jpg


まとめてみる。
しっかりと資産形成をして、あまり働かなくても優雅な生活ができる状態を目指すのが、蓄財優等生。
一代で資産を築くのは、そういう人だ。
貯蓄・運用に目を向けず、ただ日々贅沢を楽しみ、見栄を貼り続けるのは蓄財劣等生で、経済的独立など一生得ることができない。

それはそれでいいじゃない、と思う人も多いだろう。
たくさん稼いで、それで生活が豊かになるのなら、と。
もちろん生き方はその人の自由だが、最近の幸福学での研究により、物欲を満たしたり、見栄を張ることによって得られる幸福感は、愛情、自由、経験によって得られるそれと比べ、持続時間が短いことがわかっている。
物欲や見栄に振り回される人生は、僕にはあまりスマートでないように思える。


僕自身はどうかというと・・・。
外で飲む時は、気前よく使うし、人におごることも多い。
ただし、高い店にはいかない。
安い店で、安い酒を飲む(僕に酒の味はわからない)。
服は基本的にはユニクロかアメリカ屋だ。清潔で、TPOに合っていれば、それでいいと考えている。
腕時計は持たない。必要性がわからない。
携帯しているのは、スマホではなく、ガラケー。
車は小型車。大きい車は、町乗りではかえって不便だ。
移動はお金だけでなく、時間も失うことになるので、できるだけ近所で色々なことをすませる。
県外に出るのなど、せいぜいで年に1~2回だ。
マンション住まいで十分幸せであり、広い戸建てに住みたいとは思ったこともない。
維持が大変そうで、それを考えただけでげんなりする。


僕の生き方が優れていると主張するつもりはない。
ただ、そういう選択もあることを知って欲しくて、本を書いたり、ブログを更新したりしている。
僕らは幸運なことに、日本という豊かな国に生まれてきた。
40代でアーリーリタイアをして、その後は本当に興味のあることだけに打ち込むという人生の選択肢は、もしあなたが望むのなら、すぐに手が届くところにあるのだ。

そのノウハウは、自著 “幸せの確率~あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ” で余すことなく紹介したつもりだ。
もしあなたが、見栄を張ることより、心豊かな人生を送ることのほうが大切だと思うのなら、自著がその手助けになると信じている。


フリーター大家さん ブログ
そうたさん ブログ



本日もご来訪ありがとうございます。
お陰さまで「セミリタイア生活」ランキングにて、上位に留まることができています。
無名の僕が、本書の存在を知ってもらう唯一の手段が、このブログであり、ランキングです。
そのためには、引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、応援のひと押し、何卒よろしくお願いします。
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


絶賛発売中!


スポンサーサイト



プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア