FC2ブログ

記事一覧

まずい、今日で2月も終わるのに、今年は何もやってない

今日で2月も終わり。それに気づいてちょっとあせっている。今年に入ってから、あまり生産的なことをしていない。すでに1年の6分の1をダラダラと過ごしてしまったということになる。刺激になることはあった。1月には地元新聞紙に、2月には日経ビジネスに僕や著書に関する記事が掲載された。年末、医師会報に書評が掲載されたのに続き、このところマスコミづいている。ただ、これらは別に僕がやったことではないので、うれしく...

続きを読む

お金が幸せを招き寄せる唯一の方法は、それを与えること

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでは最近、幸福に関係しそうな本を紹介している。今回紹介しているのは13冊目、ダグラス・エイブラムス著「よろこびの書―変わりゆく世界のなかで幸せに生きるということ」。 ダライ・ラマとデズモンド・ツツによる対談を、著者が密着してまとめたものだ。今日はこの本の本題からは逸れるのだが、参照されている内容がとても興味深いものな...

続きを読む

広い視野は穏やかさや心の平静、謙虚さにつながる

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでは最近、幸福に関係しそうな本を紹介している。今回紹介するのは13冊目、ダグラス・エイブラムス著「よろこびの書―変わりゆく世界のなかで幸せに生きるということ」。 ダライ・ラマとデズモンド・ツツによる対談を、著者が密着してまとめたものだ。ふたりのノーベル平和賞受賞者による対談だから、中身が薄いわけがない。全編にわたり、...

続きを読む

クイーンっぽい曲を楽しみたいあなたに、おすすめのミュージシャン!

フレディ・マーキュリーの生涯を描いた映画、「ボヘミアン・ラプソディ」。気に入って結局2回も劇場に足を運んでしまった。そんな中、こんな新聞記事をみつけた。一部を抜粋して紹介する。“ビートルズを筆頭に多くの名バンドは追従者を生み、その結果、ロックの歴史の中で標準化されている。ところがクイーンはあまりに個性的であるがゆえ、孤高の存在となっている。クイーン以外でクイーンの世界観を味わうのは困難だ。“まさにそ...

続きを読む

アーリーリタイアして3年たつが、今でも繰り返し見る悪夢がふたつある

現在ちょうど50歳。アーリーリタイアしてちょうど3年たつが、今でも繰り返し見る悪夢がふたつある。ひとつは、高校生に戻るというもの。ただし、なぜか年齢は今のままだ。学校に行きたくないなあ、でも出席日数足りるかなあ、まずいなあ、とウダウダ思い悩むという、なんともしまりのない夢だ。実は高校時代、僕はけっこう学校をさぼった。不良だったわけではない。授業をうけるよりも、家で勉強をしたほうが効率がいいように思え...

続きを読む

君にもいずれ死が訪れる。その時のために今しておくべきこととは?

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでは最近、幸福に関係しそうな本を紹介している。今週取り上げているのは、小池龍之介編訳「超訳 ブッダの言葉(ディスカバートゥウェンティワン)」。 最終回の今日は、「死と向きあう」から1本。183“君にもいずれ、死が訪れる君にもやがて、身体が崩壊し、死が訪れるときがくる。その崩壊のときがくる前に、君に話しておくべきことがあ...

続きを読む

知識の増やし過ぎに注意。大切なのは「ありのまま」に見る力

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでは最近、幸福に関係しそうな本を紹介している。今週取り上げているのは、小池龍之介編訳「超訳 ブッダの言葉(ディスカバートゥウェンティワン)」。 今日は「自由になる」から1本。“知識から自由になる内面を見つめる力や集中力や落ち着きといった能力を高めるトレーニングをするかわりに知識を増やそうとするのは、愚か者の証。哲学...

続きを読む

飲み友達は友達ではない!?って言われても・・・。

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでは最近、幸福に関係しそうな本を紹介している。今週取り上げているのは、小池龍之介編訳「超訳 ブッダの言葉(ディスカバートゥウェンティワン)」。 今日は「友を選ぶ」から1本。“心の改善を目指す友と出会えなかったらもし君が、人生の道のりを歩むにあたって、心の改善を目指す友に出会えないなら。ともに心の成長に励める、そんな...

続きを読む

「よい行い」は人のためならず!

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでは最近、幸福に関係しそうな本を紹介している。今週取り上げているのは、小池龍之介編訳「超訳 ブッダの言葉(ディスカバートゥウェンティワン)」。 今日は「業(かるま)を変える」から1本。“君は、これまで君の心が思ったことの集合体君という存在は、過去に「何を考えたか」によって、その考えたり感じたりした内容が、ひとつひと...

続きを読む

生意気は苦しみの元

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでは最近、幸福に関係しそうな本を紹介している。今週取り上げているのは、小池龍之介編訳「超訳 ブッダの言葉(ディスカバートゥウェンティワン)」。 今日は「比べない」から1本。“生意気さは苦しみを増幅させる生意気さは、君の苦しみを、知らず知らずのうちに増幅させる。自分の意見を押し通すことに成功してその味をしめてしまうと...

続きを読む

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア