FC2ブログ

記事一覧

養老孟司 “今が幸せかどうかなどと考えることは、まったく無意味なことです。“~幸せの名言7

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでは幸福に関する名言を紹介していくことにした。皆さんは読むことによって幸せになるだけではなく、ちょっとした雑学も身につくようになる。もし気に入ったものがあったら、何かの折に友人にも披露して、ぜひ周囲も幸せにしてあげてほしい。7回目の今日は、解剖学者というより、近年は著作家として有名な養老孟司(1937-)の言葉。“今が幸...

続きを読む

我が家の中心ともいえるダイニングテーブル。修理に出したら、やっぱりお代はなかなかのものだった(汗)

我が家のダイニングテーブルは円形で、直径が180cmある。大きなダイニングテーブルには、以前から憧れがあった。家族が自然と集まる場所。子供たちは宿題をしたり、本を読んだり。妻はそこで雑誌を読み、時には裁縫をし。僕はそんな様子を眺め、子供たちの勉強を見たりしながら、時にはグラスを傾ける。十数年前、今住むマンションに越してきたとき、もっとも重視したのがダイニングテーブルだった。大きな丸テーブルがほしい!...

続きを読む

ショーペンハウアー著、幸福について。すべての物事を限局するのが幸福になるゆえん!?

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでは最近、幸福に関係しそうな本を紹介している。今回紹介するのは6冊目、ショーペンハウアーの「幸福について―人生論(新潮文庫)」。 ショーペンハウアーはドイツの哲学者。観念哲学に東洋思想を取り入れ、その後のニーチェにも大きな影響を与えており、実存主義の先駆けとも言われている。彼の思想を一言で表せと言われたら、多くの人...

続きを読む

妻と僕との習慣。お出かけ前にプシュっと開ける「節約ビール」とは?

滅多に外食をしない僕ら家族だが、先日、久しぶりに近所のイタリアンレストランへ行ってきた。リーズナブルかつおいしい店で、僕らが家族で外食と言えば、回るお寿司かここになる。住んでいるマンションから、徒歩20秒。まさに目と鼻の先という近さだ。予約は6時半。僕と妻は、6時を過ぎたあたりで、冷蔵庫から缶ビールを取り出し、プシュッとプルタブを開ける。外食前にビールなんて贅沢な、と思うだろうか?真相は逆だ。僕らはこ...

続きを読む

河合隼雄著、こころの処方箋。「ふたつよいことさてないものよ」って、しみじみといい言葉だなあ。

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで、このブログを通じて、幸福に関係しそうな本を紹介している。5冊目は河合隼雄著「こころの処方箋(新潮文庫)」。僕がもっとも好きな本のひとつだ。 特に気に入っていて、よく読み返すのが、「ふたつよいことさてないものよ」のくだり。p14-15“割と好きなのが、「ふたつよいことさてないものよ」という法則である。「ふたつよいことさてないも...

続きを読む

なんと20年ぶりに映画館に行ってきた。お目当ては僕の大好きなクイーンの映画「ボヘミアンラプソディー」!

久しぶりに映画館に行ってきた。僕の記憶では、最後に劇場で観た映画は「シックスセンス」。これが1999年公開だそうだから、ちょうど20年ぶりということになる。中学、高校時代は映画少年だった。お小遣いは限りがあったので、地元の新聞社で定期的に開催されていた映画評論コンテストに毎回応募していた。入賞すると、副賞として市内のどの映画館でも使えるパスや、無料鑑賞券がもらえる。1回だけ選から漏れたが、大概は入賞した...

続きを読む

僕らは脳内で反射的に生じたものを、意図的なものと錯覚しているにすぎない ~ 瞑想レポート5

このところ、4日間のひとり瞑想合宿のレポートを書いていて、今日が4日目の最終日について。本当ならここからがハイライト、と言いたいのだが、残念ながらあまり書くことはない。瞑想がうまく深まらなかったのだ。夜には妻子が帰ってくる予定だったから、そのことも影響して、雑念が生まれやすくなっていたのかもしれない。意識が未来へと飛びやすかった。というわけで瞑想合宿のレポートは終了となる。全体を通して振り返れば、...

続きを読む

嫉妬心の芽生えを観察できた! 感情は自我が発しているのではなく、勝手に湧いてくるものにすぎない?~瞑想レポート4

前回からの続きで、ひとり瞑想合宿の3日目。全部で4日間の予定だから、後半に突入ということになる。座禅も歩く瞑想も、少しずつ姿勢が自然になってきたようで、以前ほどは腰の痛みを感じないまま、長い時間続けられるようになってきた。ただしその後瞑想が深まるきざしはなく、湧いてくる雑念で集中が続かない。少しあせる。さっぱりうまくいかないことに疲れ果て、この日は夕刻に早くもテレビのスイッチを入れた。夜以外はテレ...

続きを読む

少し瞑想が深まったので、飲み屋にいって効果のほどをセルフチェックしてみる。~瞑想レポート3

前々回からの続きで、ひとり瞑想合宿について。2日目は座禅に少し慣れ、30分くらいなら座っていられるようになった。できるだけ呼吸に意識を向けるようにしても、時おり、あるいはしょっちゅう脳内では何かが浮かんでくる。それにのっかって考え事をしないように注意しながら、意識を呼吸に戻す。それでもまた浮かぶ思考。最終的には、ポコポコと水泡のように浮かんでくる思考に気づくようになった。これは僕にとって初めての経験...

続きを読む

瞑想がこんなに肉体的にきついとは。腰はこわばり、ふくらはぎは痛み・・・。~瞑想レポート2

前回書いたように、先日、4日間家で留守番をする機会に恵まれたので、ひとり瞑想合宿に挑戦してみることにした。前回、日常的に瞑想の時間はとっていると書いたが、決して本格的なものではない。去年通ったマインドフル瞑想の講習で習った、椅子に座りながら背筋を立て、頭に浮かんでくる内容をそのつど軽く認識してから脇にのけていくという作業で、所用時間は3~5分。気楽に、隙間時間でできるので便利だが、このやり方だと長...

続きを読む

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア