FC2ブログ

記事一覧

2018年が終わろうとしている ~ 個人的振り返りと来年への展望を記す。

2018年が終わろうとしている。アーリーリタイア生活3年目。なんとも平和な年だった。大きな出来事という視点からとらえれば、ある程度は盛り上がった。年初には僕に対するインタビュー記事が地元有力紙に掲載され、かなりの反響があった。そして年末、先月には2冊目の著書を発表。年の初めと終わりを、ビッグイベントで飾ることができた。ところがその他と考えると、あまり大したことはしていない。春に1週間ほどグアムへ、夏に...

続きを読む

年末年始到来! 健康上もっとも注意すべきこととは?~たまには医者っぽいアドバイスをしてみる

さて、年末年始といっていい時節になった。医師として皆さんに注意してほしいこと。それはくれぐれも体調に気をつけてほしいということだ。年末年始は生活のリズムが変わり、体調を崩しやすい。しかし、病気やケガをしても、正月の3ヶ日が終わるまでは、まともな医療が受けられない可能性が高い。当たり前だが、病院の一般外来も、開業医も、年末年始は閉まっている。となれば行くのは、救急外来、地域によっては、当番診療をして...

続きを読む

今年の株取引も昨日で終了となった。僕の感想と、株取引に興味がある人へのお薦めを記しておく。

昨日は大納会。日本証券取引所での株取引が終了した。今年は値動きの激しい年だった、と1年を総括する記事が散見される。もちろん、そういう見方もできるだろう。ただ年ベースでみれば、年初、大発会での終値は23,506円。昨日の終値は20,015円だから、15パーセントの下落でしかない。こんな差異は誤差範囲、というのが僕の感覚だ。だからほとんど動くことはなかった。年初の株高では、ポツポツと売り。相場をみながらの売買はしな...

続きを読む

このブログが好きなら、ぜひ自著を手に取ってもらいたい。なぜなら本のほうがはるかによく書けているから!

「本は買ってないけど、ブログは読んでるよ」たまに知人に、そう声をかけられる。ブログを読んでくれているのは、もちろんうれしいのだが、同時に、ちょっと残念な気持ちにもなる。ならなんで本のほうを読んでくれない?というのも、本とブログとでは、まったくレベルが違うからだ。まず、書くにあたっての意気込みが違う。毎日更新するこのブログと、1冊の本としてまとめるための原稿を書くのとでは、違って当たり前だ。準備のた...

続きを読む

自己がないことを確認することによって、初めて自己がみえてくる、とは??~ なぜいま、仏教なのか4

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでも、幸福に関係しそうな本を紹介してみることにした。今週、引用しているのは、ロバート・ライト「なぜ今、仏教なのか(早川書房)」。原題は過激で、「Why Buddhism Is True」。なぜ仏教は真実なのか、というものだ。 p128“重要なポイントが2つある。1.これは「自我」が「選択する」ことで生じる心理状態ではない。心理状態は感覚...

続きを読む

人間の心は専門化された機能単位からなっていて、行動を決定づけるのはそれらの相互作用にすぎない!?~ なぜいま、仏教なのか3

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでも、幸福に関係しそうな本を紹介してみることにした。今週、引用しているのは、ロバート・ライト「なぜ今、仏教なのか(早川書房)」。原題は過激で、「Why Buddhism Is True」。なぜ仏教は真実なのか、というものだ。 昨日から「無我」についての部分を引用していて、今日は予告通り「モジュール」に触れる。個人的には「ウヒョーッ!...

続きを読む

確固たる自我などなく、単なる「印象操作機関」であるに過ぎない ~ なぜいま、仏教なのか2

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでも、幸福に関係しそうな本を紹介してみることにした。昨日から引用しているのは、ロバート・ライト著「なぜ今、仏教なのか(早川書房)」。原題は過激で、「Why Buddhism Is True」。なぜ仏教は真実なのか、というものだ。 今日取り上げるのは、「無我」について。ブッダは、自己という概念は想像上の誤った思いこみで、実態を持たない...

続きを読む

僕たちは自然選択によって、食やセックスを求めるよう設計されている ~ なぜいま、仏教なのか1

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでは最近、幸福に関連した名言を紹介している。そのついでに、というわけではないが、幸福に関する著作も紹介してみてはどうかと思い立った。今回、最初に紹介するのは、今年、僕がもっともはまった本、ロバート・ライト著「なぜ今、仏教なのか(早川書房)」。原題は過激で、「Why Buddhism Is True」。なぜ仏教は真実なのか?  著者は...

続きを読む

自著はあくまでも「実践書」なので、知識を得ようという向き合い方だと、効果は減ります・・・。

昨日からの続き。今作、”4週間で幸せになる方法 Twenty-eight tips to create joyful life”について、読者の方からの感想がポツポツと届き始めた。概ね好意的なものばかりで、安心している。ただし、そんな中にも、2種類の読者がいることに気づいた。1つめは、本書のインストラクション通りに、まるで修行僧のように進めている人。本書は1日に1つ、5分程度で読める分量の文章を読んで、そこに気をつけながら1日を過ごすというや...

続きを読む

読者の方々からの感想がポツポツ届き始めている。その内容を一部紹介すると・・・。

自著”4週間で幸せになる方法 Twenty-eight tips to create joyful life”が出版されて約1カ月がたち、僕の元にも感想がポツポツと届き始めている。SNSなどで、友人と内容をシェアしながら進めてくれている人もいるらしい。概ね好意的なものが多く、著者としては胸を撫で下している。単なる感想というより、もはや論文に近いような素晴らしいお便りもいただいており、全文を紹介したくなったりもするのだが、私信なのでそういうわけ...

続きを読む

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア