記事一覧

今日は別のぶっ飛んだ友人について ~ キャバクラに行って1晩で〇百万円使ったそうな・・・。

前回はカナダ人の友人、ベニーについて書いたが、僕にはもうひとり、いささかぶっ飛んだ友人がいる。僕より少し若い。医療業界、不動産、株、飲食、美容院経営など、幅広い分野で活躍している才人だ。このブログを以前から読んでくれている人には想像がつくと思うが、つまり僕とは真反対のタイプだ。僕は金儲けにはあまり興味がなく、ほどほどのお金を確保したら、あとは家族や友人とのんびり過ごしたい。一方で彼はどこまで自分が...

続きを読む

“It is just a part of the game.” そう言って彼は笑った ~ ベニー滞在記

前回書いた通り、旧友ベニーが我が家にやってきた。ベニーは30年前、僕がロンドンに住んでいたころにアパートをシェアしていた相手で、僕よりも13歳年上だから、現在は62歳。その年齢からは考えられないほどの、タフガイだ。前回我が家に滞在したのは、2015年の秋。この時はインドを中心に3か月の旅をし、その帰りに日本に立ち寄ってくれた。今回は、香港→タイ→カンボジアを1か月かけて回り、最後に日本。このふたつの旅の間にも、...

続きを読む

でも正直に言うと、今回は以前ほどリゾートを楽しめなかったんだよね ~ グアム滞在記7

というわけで、数回にわたってグアム旅行について書いてきた。7泊8日、3年連続のリゾートだった。自著、幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめにも書いた通り、リゾートでのんびりと家族で過ごすのは、昔からの夢だった。アクシデントはあったとはいえ、もちろん、楽しむことができた。ただ正直に言うと、以前ほどの喜びや解放感はなかった。なぜだろう?もちろん、慣れはあるだろう。楽園のような場所でも、滞在...

続きを読む

ケガにも負けず、子供たちとの時間を充実させた自分を褒めてやりたい! ~ グアム滞在記6

せっかくグアムに来たというのに、4日目で足の裏をざっくりと切ってしまった僕は、その状態で残りの4日間を過ごすことになってしまった。翌日の午前中までは妻に子供を任せ、部屋で安静。動くと出血するのだから、しかたがない。細長い滅菌済みのテープで傷口を閉じ、ガーゼ。そして包帯をきつめにまいて血が止まるのを待つ。部屋のベランダで、海を眺めながら、ビール片手に読書。開き直って、できることを楽しむしかない。(患者...

続きを読む

海で泳いでいたら突然の激痛! ああ、ザックリとやっちまったあ!! ~ グアム滞在記5

グアム滞在4日目の出来事。子供たちを連れて海でシュノーケリングをしていたとき、潮の流れによって小学校2年になった三男が絶好のスポットから離れてしまいそうになった。元の位置に戻してやろうと僕が背後に回り込み、彼の体を支えてから、平泳ぎの要領で両足を一掻き。その瞬間、左足の裏に鋭い痛みが走った。どうやら岩で切ってしまったようだ。「やったか?」強い不安に駆られながら、水中で恐る恐る足の裏をのぞき込む。見...

続きを読む

なぜ僕が家族旅行の行き先を3年連続でグアムにしたのか? ~ グアム滞在記4

子供たちの春休みにあわせて、約1週間をリゾートで過ごした話に戻る。滞在先は一昨年から3年連続でグアム、PICホテルだ。そう言うと、「なぜ他のビーチに行かないの?」と聞かれることがある。タヒチやモルジブのほうが、海がきれいだよ、とか。ハワイのほうが湿度が低くて過ごしやすいのに、とか。あるいは、1週間以上あるのに、近場のグアムなんて逆にもったいない、とか。グアムにこだわる理由はいくつもある。1. 日本から...

続きを読む

アーリーリタイアするような人間は、旅先での出費をケチるに決まっていると僕が考える理由 ~ グアム滞在記3

僕は日常でも無駄にお金を使うのが嫌いだ。それだけの価値があればもちろん別なのだが、そこは自分の価値観に照らし合わせて、しっかりと判断するようにしている。アルコールでいえばワインはそこそこいいものを飲む。安いワインでは食事が引き立たないし、翌日に残って困る。ウイスキーもストレートで飲むときはそれなりのものにするが、水やソーダで割るときは安物で十分だ。自分では合理的だと思っているが、一般的に言えばケチ...

続きを読む

海、プールでとことん遊ぼう! もちろん昼からビール! でも食費はとことんケチるよ!! ~ グアム滞在記2

前回書いた通り、家族でグアムに行ってきた。子供たちの春休みを利用するのは、消去法による。冬休みは子供たちが所属している海洋クラブのスキー合宿があるし、第一、年末年始にかかると旅行代金が馬鹿高くなる。ゴールデンウィークも同様に高い。夏休みは新潟で存分に海遊びを楽しむことができるのに加え、グアムは雨期で、海遊びには適さないので、行く意味があまりない。となると、子供たちに学校を休ませるのでない限り、選択...

続きを読む

子供たちの春休みに合わせて、恒例のグアム旅行に行ってきた! ~ グアム滞在記1

僕がアーリーリタイアしたのが、一昨年、2016年の2月。その直後、子供たちの春休みに合わせて、グアムに遊びに行った。そのことはその1年後、2017年の1月に上梓した自著“幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ”にも記している。少し長くなるが、引用しよう。以前は海外旅行が好きで、毎年のように遊びに行っていたものですが、自らのクリニックを開業してからは、まとまった休みが取れなくなったので、かれこれ10...

続きを読む

我が家の天然児である次男が、「霜って生きてるの?」と言い出し、まだ小学校2年生の弟にたしなめられる、の巻。

夕刻、小学校年生になる次男が教科書から顔を上げて尋ねてきた。「父さん、霜って生きているの?」なんじゃそりゃ?と思いながら、「生き物ではないはずだけど、なんで?」と答えると、次男は首を傾げながら言いました。「でも教科書に、霜が噛んだ、って書いてあるんだよね」ははあ、とその時点でピンときました。次男に「それは何の教科書?」と聞くと、案の定、「国語」との返答が。僕が答えるよりも先に、横で会話を聞いていた...

続きを読む

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
自己実現を目指してアーリーリタイアした、元医師です。
執筆、講演、ヨガ、イベント企画など、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年1月31日、「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」をセルバ出版から上梓しました。
今の成熟した資本主義社会には、新しい幸福論が必要だとは思いませんか?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア