記事一覧

1年が、そしてアーリーリタイア生活2年目が終わろうとしている…… ~ 皆様、お世話になりました!

1年が、そしてアーリーリタイア生活2年目が終わろうとしている。僕にとっては激動の1年だったと言っていいと思う。1月に、自著“幸せの確率~あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ”を上梓。馬鹿売れというわけではないが、いくつもの好意的な書評をいただいた上、増刷にもなったので、自分では満足している。それに伴って、いくつか講演の依頼も来た。講演など、医師時代にもしたことがなかったし、そんな声がかかる日がく...

続きを読む

来年以降の株価、そして為替はどうなる? ~ 当たるも八卦!? 今日は個人的な相場観を記す

ここ2回ほど投資について書いたところで、今日は調子に乗って、自分の相場観なんぞを書いてみたい。僕は現在の株高・円安局面は、そろそろ一旦終了する可能性が高いと考えている。ダウでみれば。この株高がはじまってすでに10年近くたっている。額でいえば3倍以上に値上がりした。歴史的に考えて、特別な材料もないのに、これ以上長期にわたって株高が続くことは想定しにくい、と考えている。好景気のアメリカは、ここ数年、少し...

続きを読む

アーリーリタイア後の投資での失敗は、生活の破たんを招く! 「ほったらかし投資」にやや懐疑的である理由

前回、僕は株式を保有し続けるというスタイルには不安を感じると書いた。その理由を、自著“幸せの確率~あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ”から抜粋する。“このところ、実は資本主義の終焉はすぐそこまで来ているのではないか、という論説が見られるようになりました。理由は次のように説明されています。・資本主義の自己増殖は、「中心」が「周辺」というフロンティアを広げ、利潤率を高めることによって達成されて...

続きを読む

株で損するなんて、ありえない! ~株式で「確実」に利益を出す方法について、自説を述べる

僕は元医師であり、今はアーリーリタイアをした自称・作家だ。専業トレーダーでもなければ、経済学者でもない。だから、その程度の話として聞いてほしい。多くの人が株で損失を出すという。残念に感じるのと同時に、実は不思議にも思っている。ほんの少しの知識さえあれば、株で損などするわけがないと僕は考えているからだ。特にアーリーリタイアした人や、その希望者には、堅実な投資が求められるはずだから、素人考えなのは百も...

続きを読む

子供の行事を負担に感じるようになったら、それは働き過ぎの合図だろう ~ 空手大会を観戦して

先週末、息子たちが通う空手道場の大会があった。中学生の長男は辞めてしまったが、小3の次男、小1の三男はここ数年間、道場通いを続けている。本人たちもそれほどのやる気はないようだし、僕ら親のサポートも大したことはないので、そううまくもならないが、武道のひとつくらいはやっておいたほうがいいだろう、という程度の気楽な感じで続けさせている。そんな具合だから、大会も毎回参加とはいかないが、かと言ってまったくなし...

続きを読む

いいことばかりではない!? ~アーリーリタイアして生じた、日常のちょっとした変化についてまとめてみた。

アーリーリタイアして、もうすぐ2年がたとうとしている。変わったことは、もちろん山ほどある。本を出し、講演をし、ヨガ・瞑想に打ち込み、図書館に通い・・・。ただ、今日はそういうことではなく、日常のちょっとした変化について書いてみたい。まず、飲みに出る回数が減った。どうにもその気にならないのだ。おそらくは、はけ口を求めるようなストレスがないからだと思う。聞いてもらいたい愚痴もない。特に夕方、子供たちに勉...

続きを読む

キリストは単に親切な変わりものなの!?~白鳥春彦著「この世に宗教は存在しない」を読んで

白鳥春彦著、「この世に「宗教」は存在しない (ベスト新書)」を興味深く読んだ。ちなみに僕は伝統仏教のファンだ。仏教はそもそも釈尊が瞑想の上たどりついた哲学で、それが中国経由で伝わるとともに宗教としての色合いを強めていったという経緯がある。だから日本で一般的な大乗仏教は「宗教」と呼んで差し支えないものとは思うが、伝統仏教(昔は小乗仏教と呼ばれた)については、それを宗教と呼ぶべきかどうかは議論のあるとこ...

続きを読む

我ながら、貧乏性だなあ。~高価なお皿を譲り受けたのはいいが、使うたびに緊張して困っている。

我が家のある日の食卓。なんとも豪華に見えないだろうか?実は普段使いの皿がぐっとグレードアップした。妻が通っている料理教室の先生が、収納場所が限界であることを理由に、いくつかの食器を手放すことになり、一部を妻が譲り受けることになった。高級なものばかりなのに、値段は格安。妻は大喜びだ。我が家は客も多くないので、大事に取っておいてもしかたがないということで、日常的に使うことにした。もちろん、僕だってうれ...

続きを読む

リタイアしたと周囲に告げると、わりとよくうけるのが、「一日家にいると、奥さんが嫌がらない?」という質問だ

リタイアしたと周囲に告げると、わりとよくうけるのが、「一日家にいると、奥さんが嫌がらない?」という質問だ。妻の方も同様に、「ご主人がずっといると大変でしょう」と同情されることが多いそうなので、男女を問わず、「夫婦は適度に距離を置いた方が、妻にとっては快適なはず」と思っている人が多いことがうかがえる。確かに、一日の大半を別々に過ごす生活を続けた後、急に一日中一緒にいることになれば、いくら惚れ合って結...

続きを読む

温泉の効能書きに「風邪の回復期」とあったのだが、「回復期限定」ってちょっとずるくないか? ~ 家族での小旅行

先週末、家族で温泉旅行に行って来た。行先は、瀬波温泉。新潟市にある自宅マンションから、車で1時間ほどのところにある。小さいながらも露天風呂のついた部屋があり、そこから日本海が一望できるのが気に入っていて、毎年1~2回訪れる。何度も書いてきた通り、僕は無精者だ。温泉宿に行っても、大浴場まで行くのがどうにも面倒くさい。だから大抵は、露天風呂つきの部屋を取る。豪勢に聞こえるかもしれないが、露天風呂がついて...

続きを読む

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
自己実現を目指してアーリーリタイアした、元医師です。
執筆、講演、ヨガ、イベント企画など、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年1月31日、「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」をセルバ出版から上梓しました。
今の成熟した資本主義社会には、新しい幸福論が必要だとは思いませんか?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア