FC2ブログ

記事一覧

一番正しい投資法は何なのかを考察する ~ 「にほんブログ村」様、株部門からの撤退を記念して

今月の初めから、にほんブログ村さんの「セミリタイア生活」部門だけではなく、「投資信託」「インデックス投資」部門にもお邪魔した上で(ポイントを振り分けた、ということ)、運用の記事を何本か書いた。そろそろ撤退して、「セミリタイア生活」1本に戻ろうと思う。理由は、投資について書くネタが尽きたから。今月書いた投資ネタはいずれもアーリーリタイア前に考えたもので、その証拠に、というのもなんだが、今年の初めに発...

続きを読む

「貯蓄率が重要で、誰でもアーリーリタイアできる」という主張には違和感を持ちました、とのコメントに対する僕の返答はというと、、、

人気ブロガーのTochiさん から、僕の過去の記事「資産額についてお話しすると・・・の記事でコメント欄が荒れたので、今日は僕の財産を告白する」に、最近になってコメントをいただいた。現在、子供の夏休みに合わせる形で、春休みのときと同様、コメント欄を閉じているのだが、Tochiさんが問いかけてきた内容は、多くの人が抱く疑念なのではないかと考えたこと、さらに、Tochiさんは当ブログにとっては恩人のひとりなので、VIP扱...

続きを読む

僕が株式以外の資産運用をあまり評価しない理由について

僕はアーリーリタイア資金を株式投資でつくったし、今でも投資はほとんどそれしかしていない。今日は、僕が株式以外の資産運用方法を評価しない理由について、書いてみたい。不動産投資はインフレに強く、ある程度の利回りが見込めるため、運用手段として大いに魅力的だが、割安な物件を選ぶにはかなりの選択眼が必要だし、海千山千の業界だから、おいしい物件はなかなか自分のところにまでは回ってこないと考えた方がいい。また、...

続きを読む

アーリーリタイアをすると、子供に悪い影響があるのでは? というコメントをいただいた。 ・・・考えたこともなかった。

現在、夏休みの子供たちとより充実した時間を過ごすため、春休み同様、コメント欄を閉じているのだが、その前日、長男の反抗期に書いたブログに対し、下記コメントを滑り込みでいただいた。Title 働かないオヤジが一日中家にいるということ反抗期は成長の一過程なので、誰もがそれなりに通る道だと思います。しかし、中学生の子から見ると、帰宅後毎日オヤジが家に居るというのは、かなりのストレスではないでしょうか。しかも、...

続きを読む

自著 ”幸せの確率” Ⅲ章で書いた資産運用法を、高く評価してくれる人に初めて会った!

以前、僕の書いたアーリーリタイア本は、人によって気に入ってくれるところが違うのが興味深い という記事の中で、他の章と比べ、株式による資産運用について書いたⅢ章の評判が、あまりよくないようだということを書いた。言われる意見は、主に下のふたつだ。「当たり前のことしか書いてないじゃん。ここはいらなかったんじゃないの?」というものと、「難しくてさっぱりわからない。ここで読むのを挫折しちゃった」とがある。非...

続きを読む

アーリーリタイアした後、僕が資産額なんて全然気にしないまま、日々を呑気に過ごせている理由

前回からの続きで、今日が本題。僕はアーリーリタイア後、資産額を把握しようとするのをやめた。なかなか信じてもらえないのだが、僕なりの理由がある。まず、アーリーリタイアを目指すと決めた数年前に、徹底的に計算したそのときは、銀行預金、どの生命保険がいつ解約でき、いくら入るかまで、事細かくチェックした。その結果、「あと2年働けば、贅沢な暮しを望まない限り、アーリーリタイアしても大丈夫なはずだ」と判断したの...

続きを読む

「自分の資産を大まかにしか把握していない」という記事に、コメント欄が大荒れになる中、ハルトモさんという方から肯定的なコメントをいただいた。

少し前に、僕が自分の資産を大まかにしか把握していない と書いたら、多くの反論がきて、コメント欄が荒れた。「そんなことは信じられない」とか、「特殊過ぎて参考にならない」という意見が多かった。コメント数が多かったので、目立たなかったと思うが、そんな中、ハルトモさんという人が肯定的なメッセージを残してくれた。さらに文中に、「わたしも類似したテーマで12年ほどブログを書き続けています」とある。類似のテーマ?...

続きを読む

アーリーリタイアをした、元医師である僕に、「医師」としての仕事の依頼が舞い込んできた

散々書いてきた通り、僕は元医師だ。1994年に医師になり、2004年に開業し、2016年の初春、後輩を実質的に後輩医師に譲り、アーリーリタイア生活に入る。そんな僕に、先日、医師としての仕事依頼が来た。いつもの医師の代わりに診察をすることを、「代診」という。通常は大学病院の医局に連絡をすると、手の空いている若い医師を送ってくれるのだが、僕の住んでいる町では、医師不足の傾向があり、医局もそう気持ちよくは代診を出し...

続きを読む

今日は反抗期の息子について語る

今日の記事は、ちと長い上に、暑苦しい。日曜日だから、よかったら、覚悟の上で読んでもらえればうれしいし、長文が苦手な人は、パスしてもらってかまわない。あ、その際には、ぜひ恒例の、ぽちっとにご協力を! m(._.)m  ↓にほんブログ村以前も少し書いたが、この春中学校1年生になった長男の、反抗期について。僕に実感はなかったが、1年くらい前から、少しずつ始まっていたようだ。妻に対する暴言があることを、妻から聞い...

続きを読む

新潟県第2の都市、長岡で講演を行ってきた。さて、本の売れ行きはというと・・・

新潟市から南に50kmほど下ると、長岡市という、新潟県第2の都市がある。当ブログでもたびたび登場する、僕の最大の支援者、Oくんの地元だ。一昨日、Oくんに招いてもらい、長岡市で講演をしてきた。招かれたと言うと聞こえがいいが、僕の話を聞きたい人がそういるとは思えないので、僕が販促に苦戦している様子をみかねたOくんが、気をまわして一肌脱いでくれたというのが、実情に近そうだ。ちなみにOくんとは、もう20年の付き合い...

続きを読む

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
自己実現を目指してアーリーリタイアした、元医師です。
執筆、講演、ヨガ、イベント企画など、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年1月31日、「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」をセルバ出版から上梓しました。
今の成熟した資本主義社会には、新しい幸福論が必要だとは思いませんか?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア