FC2ブログ

記事一覧

自著で否定的に書いた、不動産投資について再考してみる~当ブログ一の常連コメンテーター、フリーター大家さんと飲んで

先日、当ブログ一の常連コメンテーター、フリーター大家さんと飲んだ。フリーター大家さんとお会いするのは、今回が初めて。当ブログに残してくれるのほんわかとしたコメントや、ユーモア満載のご自身のブログからの印象で、勝手に能天気な人を想像していた。実際に会ってみたら、全然違った。眼光が鋭く、迫力がある。修羅場をくぐりぬけて来た人だと、会った瞬間わかった。もちろん、怖い感じではない。サービス精神が旺盛で、冗...

続きを読む

自著“あなたにもできる アーリーリタイアのすすめ!”を読んでくれた知人から、メールや手紙で、あるいは、実際に会った上で、様々な感想を頂いた。

自著“あなたにもできる アーリーリタイアのすすめ!”を読んでくれた知人から、メールや手紙で、あるいは、実際に会った上で、様々な感想を頂いた。実にいい反応が多い。たとえ駄作だと思っても、それをわざわざ僕本人に言うことはないだろうから、直接返ってくるのがいい反応ばかりなのは当然だろう。年長者からの反応は、「がんばったな!」という感じの、お褒めの言葉が多い。よく勉強したようだし、うまくまとめたな、というよ...

続きを読む

春分の日が何月何日かと聞かれたとき、すぐに答えられるだろうか?

ご記憶の通り、去年はうるう年だった。毎回、うるう年になると、僕は医学生時代の友人、T君を思い出す。T君は同じアパートの隣室に住んでいたのだが、ある日、すごい勢いで私の部屋に飛び込んでくると、興奮した口調で言った。「内山君、カレンダーを見てよ! 今年、2月が29日まである!」どうやらT君は、うるう年というものを、大人になるまで気づかずに育ってしまったようだ。この手のちょっと抜けた人は、医学部生・医師...

続きを読む

首都圏から若い友人、しーざーくんが遊びに来てくれた 後編 ~投資は若いうちから始めるべきか!?

昨日の記事からの続き。1週間ほど前、新潟県在住で、僕と年が近いFXトレーダーのそうたさんと、首都圏から遊びに来てくれた大学生、しーざーくんと3人で飲んだ。しーざーくんは最近、相場から遠ざかっているとのこと。遊んだり、バイトをしたりでけっこう忙しくて、と頭を掻いていた。僕の個人的意見からすると、若い時分はトレードよりも、もっと人の体温を感じられる活動をすべきだと思うから、それには大賛成なのだが、そうた...

続きを読む

首都圏から若い友人、しーざーくんが遊びに来てくれた 前編 ~ スキャルピングという言葉をそうたさんから教わる

今週の初め、首都圏から若い友人、しーざーくんが遊びにきてくれた。そこでそうたさんも誘って、飲もうということになった。そうたさんも、しーざーくんも、今年の1月に開かれたトレーダーのオフ会で一度会っている・・・はずだ。はず、というのは、その日の僕は2次会からの参加で、しかも1次会は別口でしこたま飲んだ後だったので、すでに相当酔っていて、ほとんど記憶がないのだ。(僕が酔うとひどいのはいつものことだが、さす...

続きを読む

サピエンス全史から考える、より幸せな生活への方策 後編

今日は昨日の記事の続きで、サピエンス全史(河出書房新社)、下巻からの抜粋。農業革命で人類が農耕・牧畜の手法を習得したとき、周囲の環境を整える、集団としての能力は増大したが、多くの人間にとって、個人としての運命はより苛酷になった。農民は、種類の面でも栄養の面でも劣る食料でなんとか生き延びていくために、狩猟採集民以上に働かなければならなかったし、病気になったり、搾取されたりする危険も格別に増した。同じ...

続きを読む

サピエンス全史から考える、より幸せな生活への方策 前編

昨日の記事の中で、サピエンス全史(河出書房新社)に触れた。その他にも興味深い記述が多くみられたので、一部を引用の上、自分の考えを述べたい。今回は、主に上巻からの抜粋。狩猟採集民は、地域ごと、季節ごとに大きく異なる暮らしをしていたが、後の農民や牧夫、肉体労働者、事務員よりも、全体として快適で実りの多い生活様式を享受していたようだ。狩猟採集民が未来を考慮に入れなかったのは、彼らがその日暮らしで、食べ物...

続きを読む

人の適正労働時間と、それを踏まえた上でのリタイアの考え方~メルボルン大学での実験データを元に考察する

当ブログの常連コメンテーター、ナマケモノさんから、おもしろい情報をいただいた。豪・メルボルン大学の研究機関で、年齢が40歳以上である6000人以上の男女を対象にして、週に何時間働くと認識能力に影響が出るのかを測定したところ、男性にとって最適な労働時間は週25〜30 時間、女性の場合は、週22〜27時間ということがわかったのだそうだ。これ以上になると、認識能力のはたらきに悪影響を与える可能性があるとのこと。そして...

続きを読む

出版記念パーティーを開いてもらった3~これはまいった! ”カルトQ 内山直ver.” だ!

出版記念パーティー、第3話。今回が最終回だ。会の終盤で、I画伯が余興にゲームをやると言い出した。だから前に出てきて、マイクを持てという。嫌な予感しかしない。気分はまさに、まな板の上の鯉、だ。これから、僕に関するクイズを出すという。問題は、僕が普段よく口にすることや、自著、本ブログの内容から作ってある。参加者全員で、誰が一番僕に詳しいのか、競うとのこと。なんて企画だ!悪趣味の極みではないか!?次々と問...

続きを読む

出版記念パーティーを開いてもらった2~久々に会った友人から、僕が感じたこと

前回の続きで、出版記念パーティーでのこと。来てくれた約30名のゲストのうち、実は僕も妻も連絡先を知らない人が2名いる。すなわち、「それほど親しくはない」間柄ということになる。年に1~2度、酒場で偶然顔を合わせるというレベルだが、共通の友人が多いこともあって、お祝いに来てくれた。今日はあえて、その2人について書きたい。ひとりはAさん。僕よりも4~5歳年下の美しい女性だ。知り合ったのは6年前、I画伯がオーナーを...

続きを読む

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

フリーエリア

フリーエリア