FC2ブログ

記事一覧

出版のお祝い

大晦日だし、楽しいブログで締めよう。先日、友人に出版のお祝いをしてもらった。見事に女性ばかり。内山ってどれだけモテるんだ、と勘違いする人がいると困るのでことわっておくが、決してそういうわけではない。こんなに女性に囲まれるのは、人生で初めてだと思う。場所はワインバー「P」。ここのマスターであるIさんが素敵な人なので、女性のお客さんが多い。今回は、そこで知り合った友人が中心なので、たまたま女性に囲まれ...

続きを読む

校正用ゲラ届く! 2

前回の続きで、校正用ゲラについて。まずは、さっと目を通したところ、文章にはほとんど手を入れられていないことがわかった。これは、僕の文章力が評価されているのか、それとも担当者にやる気がないのか?ぜひとも前者であってほしい。ただ、改行に関してだけは大きく変更があり、原文より倍くらい、改行が増えている。これが、実にいい。以前よりもずっと、読みやすくなっている。さすがプロの仕事! と感嘆。ページの組み方の...

続きを読む

校正用ゲラ届く! 自著のタイトルは・・・!

昨日、校正用ゲラが届いた。今回が処女作なので、校正用ゲラなるものを見るのも、これが初めてだ。すごい! 当たり前だが、ちゃんと「本」っぽいレイアウトになっている!今までは、あまり実感がなかったのだが、ゲラを見て一気に現実感が増した。この形で、本になるのか!胸が高鳴る。めまいがする。比喩でも誇張でもない。体がテンションの上がり方についていけてないようだ。届いたゲラに関して、書きたいこと、皆さんにご報告...

続きを読む

明日からの5日間、何しよう?

明日から妻子が、所属するヨットクラブの行事である、スキー合宿に行く。なんと、4泊5日。なかなかにスパルタな合宿なのだ。妻は準備でいそがしそうだ。ちなみに僕は行かない。スキーは若い頃には嗜んだが、ある時からさっぱりやらなくなった。理由は、面倒だから。道具やウェアを揃え、メンテナンスするのが面倒。一々車に積むのも面倒。スキー場までの移動が面倒。一日がかりなのも気に食わない。スポーツは短時間で、スカッと終...

続きを読む

先輩への報告

昨日、医師としての先輩にあたる、Y先生に電話で出版の報告をした。Y先生には今回だけではなく、20年前、30歳を目前にして、医師を辞め、作家を目指そうかと悩んでいたときにも、散々相談にのってもらっている。その時は自分の才能に自信がもちきれず、踏ん切りがつかないまま、医師を続けることにした(今思っても、それで正解だった)。その後僕は結婚し、子供も生まれ、クリニックを開業し、まとまった文章を書くことなど考え...

続きを読む

お世話になった方々への報告メール

一昨日、昨日と、今回の原稿売り込みに関連してお世話になった方々に、お礼かたがた、出版決定の報告メールを送らせてもらった。一言でお世話になったと言っても、いろいろな形があった。原稿を最後まで読んで、感想を言ってくれた人原稿を途中まで読んでくれた人(ほとんどがこちら 笑)。出版社の人を紹介してくれた人。実際に出版業界に勤めていて、一緒に打開策を模索してくれた人。そして、いつまでも出版の目処がつかないこ...

続きを読む

資産額の計算と妻への告知

さて、「リタイアを決意させた夢」の続き。アーリーリタイアを現実的に考え始めた僕は、それから一週間かけて、自分の経済状況や今後予想されるライフイベントに関して、できるだけ細かく試算してみた。ネット証券の口座を開くと、幸運なことに、安倍政権発足以来の円安と世界的株高の影響で、僕の保有する投資信託の評価額は上がり、かなりの含み益が生じている。そこに当時の収入を加味して、今後想定される資産額の推移を試算す...

続きを読む

ペンネーム

昨日記事にした装丁について、出版社に問い合わせたところ、NGとの回答。専属のデザイナーに委託しており、外注はできないとのこと。Iさんと一緒に仕事ができるかも、と楽しみにしていただけに残念。商業出版には、自分に決定権がないことによるストレスがつきまとうんだな、ということを痛感。タイトルさえ、最終決定権は作者にではなく、出版社側にある。向こうは本を売ることのプロだし、作者より大きなリスクを背負っている...

続きを読む

出版決定報告のはしご酒

出版社から、「タイトル案を送れ」「目次と著者略歴をつくれ」「ペンネームはどうする?」「グラフの元データを送れ」などと、どんどん指示が来る。今までは、なかなか来ない採否通知を待つ身だったので、この慌ただしさが逆にうれしい。実際の出版に向けて、サクサクと進んでいる感じだ。昨夜は出版の報告を兼ねて、ひとりはしご酒。一軒目はワインバーP。ここのマスターのIさんは、デザイナーでもあり、私が医師を辞め、創作に...

続きを読む

出版決定!

今朝、出版社からの返信が。出版、正式決定!!うれしい!!!!後々書くけど、原稿の売り込みは本当に大変だった。半年かかったよ・・・。印税は5%とのこと。印税というと、8~10%のイメージがあったので、一瞬、少なっ! と思ったが、先方によると、先方の収支は印税5%、3000部実売で、やっとトントンとのこと。僕のような無名人の本を出すにあたってとれる、ギリギリのリスクなのだろうと納得し、ありがたくオファーを受け...

続きを読む

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
自己実現を目指してアーリーリタイアした、元医師です。
執筆、講演、ヨガ、イベント企画など、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年1月31日、「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」をセルバ出版から上梓しました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア