記事一覧

確かに勤労の義務は憲法で定められてはいるが、そもそも僕に憲法を遵守する義務がないことはおわかりか?

先日、酒場でからまれた。「アーリーリタイアなんて、法律違反だぞ! だって、国民には勤労の義務があるじゃないか!」そうなのだ。日本では、なんと勤労は義務として憲法に明記されている。実は法によって勤労が義務化されているのは、世界中で数か国しかない。これは、マッカーサー監督下で現憲法が作成された際、衆議院において、ソビエト社会主義共和国連邦憲法の影響をうけていた社会党によって追加修正されたという説が有力...

続きを読む

宴会は1次会で帰る派? それともとことん付き合う派? ~ アーリーリタイア後、僕に起こった変化とは

先週末、金、土、日と続けざまに宴会に参加した。これだけ飲み会が続くのは、僕にしては珍しい。いつもなら飲みに出るのは週に1回、多くてもせいぜい2回だし、相手が誰でごく少人数で会うことが多い。親しい友人と、共通の話題で深く語り合うのが好きだ。人数が増えれば、皆で楽しめる話題は限られてくるし、時として正直な意見を言うことも差しさわりがでてくる。だから人数の多い飲み会には参加しないことが多い。ただし、もちろ...

続きを読む

移動はお金と時間の無駄!? アーリーリタイアしても、僕がさっぱり遠出をしない理由。

僕は移動が嫌いだ。どうも、時間のロスのような気がしてならない。だから、飲む時は近所の酒場に行く。本ブログでよくでてくる、Sバー、Aバー、それに、ワインバーPは、いずれも徒歩10分圏内だ。タクシーやバスを使って、繁華街まで足を延ばすことは、よほどの事情がない限り、ない。レストランだって同様。歩いて行ける範囲内で探す。ちなみに、歩くのは平気だ。ちょうどいい運動になると思っている。地方都市で、車中心の生活を...

続きを読む

今年もヨットの季節が始まった。日に日にたくましくなる妻子を尻目に、のんびり屋の父親は・・・。

6月から9月は我が家にとってヨットの季節。今はシーズン真っ盛りだ。子供たちにヨットを経験させられると聞いて、初めて参加したのが4年前。その時、海の家から海までヨットを下すのに大人の手がいるから、保護者も一緒に参加するのがルールという説明を受け、妻も加入することになった。普通こういうときは男親では? と思う人もいるかもしれないが、我が家の場合、その手の野外活動は妻が中心になる。スキーも、バーベキューも...

続きを読む

サッカーW杯のテレビ観戦は、「時間は必要」だけど「お金はかからない」娯楽の代表かもしれない。

自著、幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめの最終節に、このような箇所がある。“死は我々全員に、そう遠くない将来、必ず訪れます。そのことをしっかりと理解できている人、理解しようとしてはいるものの、現実問題として受け止めきれていない人、あるいは、理解することを拒み、無意識のうちに目をそらしている人と、向き合う姿勢は人によって大きく異なりますが、そこから逃れることは誰にもできません。私が...

続きを読む

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
自己実現を目指してアーリーリタイアした、元医師です。
執筆、講演、ヨガ、イベント企画など、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年1月31日、「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」をセルバ出版から上梓しました。
今の成熟した資本主義社会には、新しい幸福論が必要だとは思いませんか?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア