FC2ブログ

記事一覧

アーリーリタイアなんていいご身分だね、と思われがちだが、そうでもない。実はこのところ、けっこう忙しい。

アーリーリタイアなんて、のんびりでいいご身分だね、と思われがちだが、そうでもない。実はこのところ、けっこう忙しい。さかのぼって11月23日(金)の勤労感謝の日から始めると・・・。この日は次男が所属する小学校の合奏部が出場した、県主催の音楽コンテストを鑑賞(なんと見事に優勝)。夜はお祝いで地元の回る寿司屋へ(新潟の回る寿司は、他県の皆様に申し訳なくなるほどうまい)。11月24日(土)子供たちをつれて、インフ...

続きを読む

「お金がない」なんて、全然恥ずかしくない! 「あるけどもったいない」のほうが、よほどミットモナくない?

先日、ネット記事を読んでいたら、「お金がないと言って断るのは恥ずかしいので、そういう時は、どうやって断れば・・・」という内容のものがあり、いささか驚いた。「今は金がない」で、いいではないか、と。僕自身はずっと、開業医として逆の経験をしてきた。たとえば友人たちと食事に行き、さて2次会は、となったときに、クラブに行こうと誰かが言い出したとする。(若者が大音量の中踊るところではなく、女性がお酌をしてくれ...

続きを読む

「もっと遊ばなければ」との決意を新たにしたイベントであった ~ 児童による合奏の大会を見学して

先週末、新潟県学校器楽合奏大会なるものが開催された。新潟県内の小学校を中心に、合奏サークルが参加する音楽コンテストで、我が家からは小学校の合奏部に属している10歳の次男がバイオリンで出演。もちろん家族で応援に出かけた。小学生による、しかも、個人的にレッスンを受けているわけではない児童たちが主体の演奏だから、そうレベルが高いわけではない。しかし、どの団体からも、指導者の苦労や工夫、それにもちろん子供た...

続きを読む

「時は金なり」って本当だろうか? そういえば昔、子供と公園に行くときは、必ず文庫本を携えていったなあ、という話。

週末、下の息子ふたりがスケートボードをするというので、つきあって近所の公園にいった。その時、ふと思い出した。昔は子供と公園に行くとき、必ず文庫本を持ってきていたなあ、と。現役医師時代、下の子はまだ幼稚園児だったから、公園で遊びたいといえば、ついていかざるをえなかった。もちろん、ブランコを後ろから押してやったり、一緒に遊んだりすることもあるが、息子が遊んでいるのをみているだけで、手持無沙汰な時間もあ...

続きを読む

アーリーリタイアした後、僕が資産額なんて全然気にしないまま、日々を呑気に過ごせている理由

僕はアーリーリタイア後、資産額を把握しようとするのをやめた。なかなか信じてもらえないのだが、僕なりの理由がある。まず、アーリーリタイアを目指すと決めた数年前に、徹底的に計算したそのときは、銀行預金、どの生命保険がいつ解約でき、いくら入るかまで、事細かくチェックした。その結果、「あと2年働けば、贅沢な暮しを望まない限り、アーリーリタイアしても大丈夫なはずだ」と判断したのだ。今現在、具体的な額はわから...

続きを読む

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア