FC2ブログ

記事一覧

新潟市の蔦屋書店に自著を置いてもらえることになった

新潟市の蔦屋書店に自著を置いてもらえることになった。それも万代店、河渡店、新通店、横越バイパス店の4店舗。実にありがたい。自著の販売はアマゾンなどのネット書店が主で、リアル書店には、ジュンク堂、紀伊国屋書店といった大型店にしか置かれていない。2年前、最初の本が出た時には、中規模の書店を対象に、本を置いてもらえないかお願いに回ったりもしたのだが、いい反応はもらえなかった。地元の人間が書いた本なのだか...

続きを読む

自著が増刷と聞いて、てっきり“4週間で幸せになる方法”の話だと思ったら・・・。

先日、出版社から連絡がきた。「増刷をするので、直しがあれば言ってくれ」とのこと。てっきり、昨年末に上梓した、”4週間で幸せになる方法 Twenty-eight tips to create joyful life”の話かと思ったが、確認したら違った。増刷になるのは、2年前に出した、”"幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ"” のほうとのこと。2度目の増刷だから、3刷ということになる。うれしさよりも、不思議な気持ちが先に来た。僕...

続きを読む

知識の増やし過ぎに注意。大切なのは「ありのまま」に見る力

このたび、「4週間で幸せになる方法」という本をセルバ出版から上梓した。そこで本ブログでは最近、幸福に関係しそうな本を紹介している。今週取り上げているのは、小池龍之介編訳「超訳 ブッダの言葉(ディスカバートゥウェンティワン)」。 今日は「自由になる」から1本。“知識から自由になる内面を見つめる力や集中力や落ち着きといった能力を高めるトレーニングをするかわりに知識を増やそうとするのは、愚か者の証。哲学...

続きを読む

自著のサブタイトルが、 “Twenty-eight tips to create joyful life.” と英語である理由を説明する。

先日、僕にとっては2冊目の本となる、“4週間で幸せになる方法”が出版された。この本に関して、読者の方をどうやら惑わせてしまっている部分があるらしい。それはサブタイトル。“Twenty-eight tips to create joyful life.”と英語になっているのだ。これは僕のアイディアで、ただし絶対に出版社側に拒絶されると思っていたから、すんなり通った時は僕のほうが逆に驚いてしまった。「本当にこんなサブタイトルでいいんですか?」と...

続きを読む

自著はあくまでも「実践書」なので、知識を得ようという向き合い方だと、効果は減ります・・・。

昨日からの続き。今作、”4週間で幸せになる方法 Twenty-eight tips to create joyful life”について、読者の方からの感想がポツポツと届き始めた。概ね好意的なものばかりで、安心している。ただし、そんな中にも、2種類の読者がいることに気づいた。1つめは、本書のインストラクション通りに、まるで修行僧のように進めている人。本書は1日に1つ、5分程度で読める分量の文章を読んで、そこに気をつけながら1日を過ごすというや...

続きを読む

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア