FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ” 発刊記念! 今更ですが、自己紹介をします! 後編

(前回から続く)

その後、僕は結婚し、長男を授かり、そして、自分のクリニックを開業した。
最初の数年間は、自院を軌道に乗せるのに必死で、文章のことなど考えもしなかった。
核家族で、結局3人の男児に恵まれたので、家庭でもある程度の役割を担わなければならない。
自分の時間など、あるはずもなかった。
しかし、やがて、仕事がひと段落つき、子供たちも自分のことを、つまり、トイレに行ったり、食事をしたり、といったことがある程度ひとりでできるようになると、また文章への想いが頭をもたげてきた。

そこで始めたのが、自院ホームページを使った「院長ブログ」だ。

クリニックのブログにありがちな、真面目なものではなく、例え医療ネタを扱ったとしても、何かひとつ、最後に必ずオチをつけることと、週に1回更新するということを、自分に義務づけた。
そして、とにかく分かりやすい文章を書くように、と自分に言い聞かせる。
小説家を志していた頃は、持ち味を出したくて、不自然なほど気取った文体になっていた。
だが、この頃になってようやく、自分には美しい文章を書く能力がないことがわかってきた。
少年期から青年期にかけて、山のような良書に接してきたのにもかかわらず、その年まで才能の欠如に気づかなかったとは、今思えばずいぶん間抜けな話ではある。
美文が無理なら、文章の本来の目的に戻り、いかに相手に正しく伝わるかだけを考えよう、と発想を新たにしたのだ。
患者さん向けの院長ブログは、それにはうってつけだった。
(その後、この院長ブログは丸6年間続くことになる。手前味噌だが、一部のコアなファンを獲得することができた)

時は流れ、2014年、春。
自著でも、そしてこのブログでも以前に書いた、ある悪夢をきっかけに、僕は人生のあり方を見つめ直すようになる。
このまま医者として働きつづけたら、将来、生涯を終える時、自ら人生を真に生ききったと、納得することができるだろうか?
考えるまでもなく、答えは「否」だった。

前にも書いたが、僕には3人の子供がいる。
下の子は、いまでもまだ、幼稚園児だ。
文章を書くことによって、収入を得られる保証はない。
そして、家族を路頭に迷わせるわけにはいかない。
だから、作家を志すにしても、その前にある程度の、つまり、子供3人を将来大学に行かせてやるくらいのお金は、作り出しておく必要があった。
そこで思いついたのが、株式による資産運用だ。

UNI16040516IMG_0017_TP_V.jpg

株の本は50~60冊くらいは読んだだろうか?
ネットの記事は数知れずチェックした。
それなりの分量ではあったが、医者になることや、臨床医としてやっていくために必要な勉強を比べたら、どうということはない。
株取引におけるリスクと期待リターンがどのくらいなのか、運用の歴史から紐解いた。
できるだけリスクを抑えながら、期待リターンを高める投資方法を、現代ポートフォリオ理論から学んだ。
さらにいろいろなことがわかってくると、各国の金融政策から、ある程度為替の動きも読めるようになる。
実際の資産運用も、時に心理的重圧から苦しむこともあったとはいえ、やはり、本業と比べれば、はるかに容易だった。
傲慢に聞こえるかもしれないが、ここでは本音を記しておく。
株なんて、僕にとっては簡単だ。
そしてあなたがもし、仕事をもち、それによって自立できているのなら、あなたの仕事よりも、おそらくは株取引の方が簡単だと思う。
資産運用に関しては、自著に詳述してある。必要なのは、本当に、ちょっとした知識とコツだけだ。
多くの日本人が、投資について無知なまま、本来なら受けられるはずの利益を得ないままでいるのが、僕にはもどかしくてならない。
堅実な株式投資に興味のある人は、是非自著を読んでほしいし、今後、出来る範囲でブログでも紹介していくつもりだ。
(ただし、現代ポートフォリオ理論と聞いて、『はいはい、世界分散投資ね』とわかってしまうレベルの人には、何の参考にもならないので、念のため)。

自分でもあっけないほど簡単に、目標とした資産を得た僕は、1年前、自院を実質的に後輩医師に譲り、アーリーリタイアをはたした。
勘違いしないでほしいが、決して大金持ちになったわけではない。
まずは、「金がかからない体質」になった。幸福と支出との関係についても、自著で詳しく述べたし、できれば今後、このブログでも触れていきたい。
その上で、資産運用によって一定額を稼ぎ出し続ける目途がついた。
だから、働く必要がなくなった、というわけだ。
この状態、すなわち、会社や国家の助けを借りずとも、自分の資産だけで生活が成り立つ状態を、欧米では、Final Independence(経済的独立とでも訳そうか)と呼ぶ。

リタイア後、山ほどの自由時間を得た僕は、それまで、自分のための備忘録としてメモしてきたことを、多くの人に知ってもらうため、出版用に大幅に書き直した上で、それから半年もの間、原稿の売り込みに奔走した。
売り込みの経緯は、今月、このブログで13回に分けて書いているので、興味のある人は参照してほしい。
将来、本を出したいと考えている人には、大いに参考にしてもらえる記事に仕上がったと自負している。

こうやって文章に起こしてみると、迷い、そして幾度となく壁に遮られながらも、ようやくここまで辿り着いたのだということが、改めて思い出され、感慨もひとしおだ。
気づいたら48歳。あっという間だ。
いろいろなことがあった。どちらかというと、楽しいことより辛いことのほうが多かった。
でも、今思い返せば、そう悪くない人生だったのではないか? と思う。

それと同時に、僕の人生は今始まったばかりだ、とも感じている。



1月31日の発売開始までに、「セミリタイア生活」ランキング、ベスト10入りを目指しています。
著者としてまったく無名の僕が、自著の認知度を上げるためにできる、唯一の方法がこのブログだと考えているからです。
皆様のお蔭で、現在14位まで来ました!
ただ、ここから上は壁が厚くて、10位になるには、現在より30%多い得票が必要です。
引き続き、皆様のご支援だけが頼りです。
お手数をおかけしますが、ポチッのひと押し、何卒よろしくお願いします。
(課金されるわけでは決してないので、ご心配なく!)
  ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


1月31日発売開始。COMING SOON!!

スポンサーサイト

コメント

楽しみにしています

岡本さんFacebookからやって参りました。
ブログ止まらなくなって^_^
そしたらAmazonで予約してました。
面識はありませんが
僕も心振れました。

楽しみにしています。
これからも寄らせていただきます。
出会いをありがとうございます😊

ありがとうございます

ご多分なお言葉、ありがとうございます。
僕のブログは、つまらない人には、ほんっとにつまらないらしいので(笑)、そんな風に言って頂けると、すごくうれしいし、励みになります。
岡本くん、じゃなかった、Oくん(笑)には、とてもお世話になっています(昔はお世話してたのですが、完全に追い越され、立場が逆転しました)。
もしお時間があったら、岡本くんも誘って、ぜひ一杯行きましょう。
あ、僕は飲むとちょっと荒れるので、それでもよかったら、ですが(笑)。

No title

はじめまして。
今まさにアーリーリタイヤとなる直前で緊張がピークに達している時にブログを拝見させて頂きました。父の跡を継ぎ自営業で25年目でしたが年内にも会社のM&Aが成立する見込みです。リタイヤを考え出した理由はほぼ同じだったため、とても共感いたしました。是非書籍も拝読させていただきます。

Re: No title

リタイア前は、本当に緊張しますよね。
異様に「ハイ」だったその頃の自分を思い返し、今さら胸をざわつかせております(苦笑)。

そのようなお立場であれば、自著は緊張を和らげるためにも、ひと役買わせていただける自信ありです!
ぜひ手に取ってみていただければと思います。

すべて、うまくいくといいですね!
新潟の地から応援しています!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

内山 直

Author:内山 直
医師稼業からセミリタイアし、現在は「なんちゃんて」文筆家。
有り余る時間を武器に、興味のあることに次々と取り組みながら、妻、子供3人とまったり暮らしています。
2017年に「幸せの確率~あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」、2018年に「4週間で幸せになる方法」をセルバ出版から上梓しました。
どんなにお金があっても、地位が高くても、はたまた美貌の持ち主であっても、幸福度に大差はありません。
このブログでは科学的見地から「幸福学」の啓蒙に努めています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。